雑記

【実体験】賃貸選びのポイント!駅近物件をおすすめする理由♪

アパートやマンションを選ぶときの条件や優先順位は決まっていますか

  • とにかく安い物件が良い
  • 駅から徒歩5分以内じゃない嫌だ
  • 風呂とトイレは別にしたい
  • 2階以上でオートロックじゃにと無理

譲れないポイントは人それぞれです

今回はその中でも立地に注目して話したいと思います

ぜひ最後までお付き合い下さい

駅近のメリット・デメリット

結論から言うと駅近物件をおすすめしています

それでは駅近物件のメリット・デメリットについてそれぞれ解説したいと思います

メリット

駅から近い物件のメリットは下記の通りです

  • 通勤時間が短くなる
  • 買物できる場所が多い
  • 美味しいお店がたくさんある

通勤時間が短くなる

当然ですが駅から近ければ近いほど通勤時間は短くなります

「たかが5分や10分でしょ」と思う方もいるかもしれません

でも毎日往復するとなればこの差はかなり大きいです

どのくらい変わるのか少し考えてみましょう

車通勤の方も役に立つ考え方なので一緒に考えてみましょう!

通勤時間の比較
  • 通勤時間が20分と40分の場合で比較
  • 通勤日数は年間240日とする
通勤時間が20分の場合
  • 20分×2=40分
  • 40分×240日=160時間
通勤時間が40分の場合
  • 40分×2=80分
  • 80分×240=320時間

1年間で比較すると通勤時間が160時間も違います

160時間=約6.6日

通勤時間を短くすることで約1週間も自分の時間が増えるんです!

「通勤手当が出るから遠くから通ってもいい」と思っている方は貴重な時間を失っているかもしれません

大切な時間を増やすため検討してみる価値はあると思います

思い切って会社の近くに引越しすればもっと自分の時間を増やすこともできます

可能な方はお金と自分の時間を比較しながら検討してみて下さい

買物できる場所が多い

やっぱり主要都市部へアクセスしやすいのは便利ですね!

普段のお買い物はもちろんちょっと贅沢をしたいときなども百貨店やデパートが近くにあると便利ですよ!

デパ地下のちょっと高めのお惣菜を食べるとテンションが上がってしまいます(笑)

料理好きな方にとっても色々な食材が手に入りやすいのはありがたいですよね!

休日のショッピングも百貨店やブランドショップが多く集まっているので見ているだけでも楽しいです!

買いすぎには注意して下さいね(笑)

美味しいお店がたくさんある!

人が集まるところが飲食店も多いです

しかも競争が激しいのでレベルが高いです

美味しいご飯を食べに出かけるのも好きですが近くに美味しい店がたくさんあると毎日の食事がもっと楽しくなります

ふらっと美味しそうなお店に入って自分好みの味に出会ったときはとっても幸せな気分になります

わざわざ遠出しなくても美味しいものが食べられるのは私にとってかなり重要です(笑)

お家ごはんも好きですが外食も楽しんじゃいましょう!

お酒を飲みたいときも家が近いと何かと楽ですよ♪

デメリット

反対にデメリットを考えてみましょう

  • 家賃・駐車場代が高い
  • 人が多い

家賃・駐車場代が高い

最大のデメリットは家賃や駐車場代が高いことです

駐車場については車を持たないという選択肢もありますがライフスタイル的に難しい方もいますからね

家賃も比較的高い傾向にあります

お金を貯めるために家賃は安く抑えたいという方も多いと思います

でもそれ以上に毎日を快適に過ごすことも大切です

将来に備えることも非常に大切ですが今を楽しむことも忘れないでください

もちろん好き勝手お金を使った方が良いというわけではありません

  • 携帯の通信料を抑える
  • 不要な保険には入らない
  • 収入の一部は運用する

基本を抑えていれば残りのお金は自分のために使うべきです

お金を貯めることはあくまで手段であって目的ではないので注意して下さいね

人が多い

もう一つは人が多く何かと混んでいることです

人がいっぱいいる方が楽しいという方は気にならないかもしれません

需要が高いところは人が集まってしまいます

でもその分、街のインフラが整備されたり、景観がキレイになったりどんどん住みやすい街になっていきます

どうしても耐えられない方はあまり人がいないところに住むのありだと思います

自分にとって快適な方を選んで下さいね

まとめ

今回は私の住居選びの考え方について紹介しましたがいかがでしたでしょうか

家賃と利便性をどの程度優先するかは人それぞれだと思います

それでもあえて言いたいのは「毎日を快適に過ごせる」ことの価値は非常に高いということです

支出は少し多くなりますが今の自分のためにもお金を使っていきましょう!

少しでも参考になれば幸いです

最後までお読みいただきありがとうございました